エンジニアリング
特設ページ

糸﨑俊介 糸﨑俊介

「マルチエンジニア」へと
成長できる仕事が、
レノバにはあります

糸﨑 俊介

「マルチエンジニア」へと
成長できる仕事が、
レノバにはあります

糸﨑 俊介

前職の電力会社では再生可能エネルギーの系統連系に関る業務を担当していました。その中で強く感じたのは、再生可能エネルギー企業の並々ならぬ熱意です。彼らにとって電力会社との協議の成否がそのままプロジェクトの成否に直結するため、それほどの熱意があったのでしょう。 どうすれば事業が前進するかを真剣に考え、強い思いを持って活動している彼らの姿に、次第に惹かれていきました。常に前を向き、自分たちの力で未来を切り拓こうと燃えている人々。私も彼らのように挑戦的に仕事をしたい、エンジニアとしての知見をもっと活かして働いてみたい――そのように思い、再生可能エネルギーのレノバへの転職を決意しました。

レノバでは初日にいきなり岩手に出張しました。開発中の太陽光発電の現場を視察しに行ったのですが、レノバが何よりスピードを重視し、机上の計算ではなく現場を大切にしているということがよくわかりましたね。
再エネ業界は、多くのアツい人たちがいる――転職前に抱いていたイメージは、レノバに入社してからもまったく変わっていません。会社とチームの目標がはっきりしていて、どうすればそれを達成できるかを全員が考えている。メンバーのボルテージの高さがレノバの特徴であり、魅力ですね。

私の専門は電気ですが、前職では部署ごとに専門業務が細分され、自分がやるべき仕事はほぼ決められていました。しかし、レノバは違います。レノバにはエンジニアリング本部があり、そこにそれぞれの専門知識を有するエンジニアがいるだけです。プロジェクトを進める過程ではいくつもの未知の課題が降りかかってくるため、この問題ならこの人が解決する、という決まりを設けても意味がありません。だからこそ、レノバのエンジニアはあらゆる領域のことをカバーしなくてはなりませんし、その知見をメンバーで共有し、協力し合って課題を乗り越えていくことが求められるのです。
そのことは転職する前から伺っていましたが、いざやってみると楽ではありません(笑)。でも、私はそういう挑戦がしたくて転職したんですし、専門外の知見を吸収するのはとても面白いですね。自分がただのエンジニアではない「マルチエンジニア」へと育っているような喜びが、レノバの仕事にはあります。

現在は秋田県由利本荘市沖洋上風力発電事業を中心に多様なプロジェクトに関わり、工事に関する地域の方々への説明などに取り組んでいます。また、洋上風力では風況シミュレーションなどまったく専門外の分野の知識を身につけなくてはならず、勉強の毎日です。
レノバには、アツい気持ちで挑戦し続けるすばらしい仲間がいます。彼らと共にプロジェクトを完成させ、レノバをリーディングカンパニーへと育てていくことが、私のこれからの目標です。

OTHER PERSON

上野晃世

上野 晃世

渡会俊行

渡会 俊行

小荒井雅之

小荒井 雅之

間野晶子

間野 晶子

堀哲也

堀 哲也

永井卓磨

永井 卓磨

永島三雄

永島 三雄