エンジニアリング
特設ページ

渡会俊行 渡会俊行

大変ですけど、
学ぶ楽しさの方が大きいですね

渡会 俊行

大変ですけど、
学ぶ楽しさの方が大きいですね

渡会 俊行

レノバは私にとって3社目の会社です。それまでの会社では風力や太陽光などの事業に関わりましたので、再生可能エネルギー自体は未経験ではありませんでした。具体的な業務としては電気の計画や設計、現場工事を含むプロジェクト管理にも関わり、かなり幅広く体験させてもらったという実感がありますね。
でも私は、特定の電源に限らず、この世界の最先端を自分の能力を使って切り拓きたいという想いがあったんです。だからレノバの事業をホームページで見た時は、正直、胸が躍りましたね。再生可能エネルギーを多様な電源で展開しようとしており、何より事業のスケールがとてつもなく大きい。スケールの大きいシステムを動かすことは1社目の会社で経験していましたので、そのスキルはレノバでも役立てられるのではないかと思いました。それで、思い切って転職することにしたんです。

元々、新しいことにチャレンジするのが好きな性格なんです。どこから切り崩せばいいのか分からないものに対し、糸口を見つけ、そこから一つずつ攻略していく。そういうのが好きなんですね。
例えばレノバでは秋田県由利本荘市沖洋上風力発電事業に携わっていますが、「洋上風力」は日本では前例がない。だから正解もないんです。扱う風車は日本にはない大型機ばかりで、調達から設置まで全てのステップがかつてないほど高難度です。でも、だから楽しいんです。課題が出てきたらその都度メンバーと打合せ、一つひとつ最適に解決していく。このプロセスこそが、「自分たちの力で最先端を切り拓いているんだ」という実感につながっていますね。

だから、レノバに入ってからはメンバーと意見交換する場がかなり増えました。その過程では、自分が過去の成功体験から偏った考えで発言していたのを気づかされることも少なくありません。大変ですけど、バックグラウンドの異なるメンバーから色んな刺激を受け、学ぶことの楽しさを感じています。
こんな風に言うと、暗闇の中を手探りで進むように事業を進めている印象を受けるかもしれませんが、そうではありません。専門知識と経験に基づいた直感から強い仮説を構築し、それを頼りに、一歩一歩着実に進むイメージです。仮説や検証プロセスが不十分なものだと「エンジニアの直感」のようなものが働いて、違和感を覚えるんです。そのことをメンバーに正直に話すと、不思議なことに、メンバーも違和感を覚えていたりするんです。その場合はただちに仮説や検証プロセスを修正して、また新しく前進する。メンバー同士が高い専門性を持ち寄り、知恵を出し合って最適解を探っていくプロセスはとても楽しいですね。

レノバは、チャレンジ精神が旺盛で、常に新しいものを追い求めるエンジニアに向いている会社だと思います。夢を空想のままで終わらせず、絶対に実現するんだという強い信念を持っている人であれば、レノバは最高の環境だと思います。ちなみに私の夢は、洋上風力発電所を完成させ、家族を連れて現地に見に行くことです。その瞬間を目指して、これからも挑戦します。

OTHER PERSON

上野晃世

上野 晃世

小荒井雅之

小荒井 雅之

間野晶子

間野 晶子

堀哲也

堀 哲也

永井卓磨

永井 卓磨

永島三雄

永島 三雄

糸﨑俊介

糸﨑 俊介